• ライトン光木

追求(Tracking)


今日も朝からサンの追求トレーニング!

やっぱ朝にしないと気温と地面の条件が合わないですね~。

夕方に追求練習すると蒸し暑くて、地面も草もカラカラのカサカサで印跡しにくく、サンも足跡の臭いが薄くて混乱しやすいです。

今日は久々の1日オフなのでじっくり練習できました。

普段は早朝から犬たちの世話してサンの追求練習に河川敷へ。

日中は預かり犬のトレーニングに出張などで仕事に出かけ、

夕方帰宅後再び犬の世話をして、サンの服従の練習に河川敷へ。

こんな感じで1日を過ごしてます。

訓練士の皆さん、本当に日々お疲れ様です。私に比べたらさぞもっと忙しいことでしょう。。。

こんな夏の暑さに負けてられません!女だから日焼けを気にする、なんて余裕元からありません!

追求は特に繊細な作業なので練習頑張ります!

あっ!そもそも追求とはなんぞや?!という方もおられるでしょう。

追求は足跡を追跡させ、臭いをたどった先に物品を見つけ、指導主に見つけたことを指示します。

まぁ警察犬のような作業ですね。

私とサンが行ってるのは警察犬訓練ではなく、世界基準のIPOというFCI国際訓練試験の中の追求作業です。FCIは世界畜犬連盟といって、日本ではJKC(ジャパンケネルクラブ)が傘下にあります。

ただ臭いを追えばいいのではなく、その中でも細かい審査基準があります。

サンは生後5カ月前から始め、最初は鼻を使った遊び感覚で教えて、追求を好きになるようにしました。

しかし楽しいだけではIPOで高得点は狙えません。犬自体が”作業する”という意識を持たせながら

確実に臭いを追わせます。先ほども言った通り、追求はとても繊細な作業なので

サンは声で褒めると尻尾を大きく振り、テンション上がるのでクリッカーで褒めたり、

怒るとおどおどしてしまうからあまりリードショックをかけれないため、

リードの張り具合で犬に自信をもって臭いをかがせるなどなど。。。

常に犬の状態を見極めることが大事です。

11月の競技会までできることを焦らずサンと一心同体になって頑張ります。


閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

友好的な犬と聞かれると、どんな犬を想像しますか? もちろん攻撃的な犬とは反対の犬を想像しますよね。 では、より細かく考えてみてください。 友好的な犬とは? 相手に対して喜びを表現してる姿を想像しているでしょうか? 犬が喜びを表現する時、 「尻尾を大きく振る」「飛びつく」「お腹を見せる」「走り回る」 ただし、ここで勘違いしやすいのが「飛びつき」です。 ご家族や慣れてる人、仲のいい犬同士だったら友好的

2022年3月より見習いトレーナーの募集を始めます。 これからドッグトレーナーのスキルを身につけ、 独立するための下積みをしたい方の募集となります。 当スクールはBH(同伴犬試験)を基準としたトレーニングスタイルを見習い生に指導いたします。 出張トレーニングではクライアント様にマンツーマンでの指導 日帰りトレーニングではクライアント様のワンちゃんをお預かりしてトレーニングの代行 しつけ教室ではレベ