• ライトン光木

怖がりでも...


今日は晴れて蒸し暑いですが、いつも通りしつけ教室とアジリティー教室開催しました!

ドッグランには新しくミストが設置されて気持ちよかったです★

ミックスのエルちゃん!散歩中に車や物音などに敏感に反応しやすく、常にその場が逃げ出そうとしてました。

ですが、お母さんのリードコントロールと安心させるための声掛けで中に入ってた尻尾も徐々に出てきて、落ち着いて歩けるようになってきてます!アジリティーもお母さんべったりだったのが、自分で真っすぐハードル3本連続飛べるようにもなりました!とても楽しそうで、私も教え甲斐があります(^^)

臆病な子、防衛心の強い子、落ち着きがない子、どんな子でもやり方次第で改善されることはたくさんあります。

うちの子は今更トレーニングしてももう無理かも。とあきらめず、年齢なんて関係ありませんので

悩んでることを一緒に解決していきましょう♪


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

友好的な犬と聞かれると、どんな犬を想像しますか? もちろん攻撃的な犬とは反対の犬を想像しますよね。 では、より細かく考えてみてください。 友好的な犬とは? 相手に対して喜びを表現してる姿を想像しているでしょうか? 犬が喜びを表現する時、 「尻尾を大きく振る」「飛びつく」「お腹を見せる」「走り回る」 ただし、ここで勘違いしやすいのが「飛びつき」です。 ご家族や慣れてる人、仲のいい犬同士だったら友好的

2022年3月より見習いトレーナーの募集を始めます。 これからドッグトレーナーのスキルを身につけ、 独立するための下積みをしたい方の募集となります。 当スクールはBH(同伴犬試験)を基準としたトレーニングスタイルを見習い生に指導いたします。 出張トレーニングではクライアント様にマンツーマンでの指導 日帰りトレーニングではクライアント様のワンちゃんをお預かりしてトレーニングの代行 しつけ教室ではレベ