• ライトン光木

ドッグランを利用する方へ

最近ドッグランでのトラブルストーリーを聞くことが多いので

ドッグランに行かれる方は読んでいただけると幸いです。


ドッグランを利用する多くの方は

犬同士の交流の場や遊びを目的とされる方がほとんどかと思います。


ただ犬によって相性はあります。

初めましての犬と自分の犬の様子を見てから近づけるように気を付けておきましょう。


「うちの子は慣れてるから」だとしても

「相手の子はどうかな?」と、まずはお互い相手に対して配慮ある行動に気を付けてみましょう。


他の子が来たら一旦手元に呼んでリードをつけ、

相手が入場しやすいように配慮するのもよし。

入場する側は先に入ってる方に挨拶ついでに一声かけておくのもトラブル防止になると思います。


それから、他の利用者がいるランに入ってすぐリードを離さないこと。

急に自分の間合に入り込んできた相手の犬に対してビックリしてしまい

普段は穏やかなのに攻撃的な態度を取る場合もあります。


自分の犬が友好的であっても

相手の犬からしたら不安になる子もいるということを頭の隅に置いていただけると

みんなが安心して利用できると思います。


もう一つ気をつけてほしいこと。

それはおやつや音が鳴るおもちゃを使うことでトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

おやつの匂いや音が鳴るおもちゃは他のワンちゃんも引き寄せてしまう可能性があるので注意しましょう。

最近は規制されてるドッグランも増えています。

利用者のマナーとして知っておきましょう。


みんなが気持ちよく利用できるようにするには

利用者の方の利用の仕方で改善されていきますので

少しでも役立てるなら嬉しいです。







#ドッグラン #利用者 #犬のいる暮らし #犬のトラブル #犬という動物 #犬の飼い主さんへ

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

友好的な犬と聞かれると、どんな犬を想像しますか? もちろん攻撃的な犬とは反対の犬を想像しますよね。 では、より細かく考えてみてください。 友好的な犬とは? 相手に対して喜びを表現してる姿を想像しているでしょうか? 犬が喜びを表現する時、 「尻尾を大きく振る」「飛びつく」「お腹を見せる」「走り回る」 ただし、ここで勘違いしやすいのが「飛びつき」です。 ご家族や慣れてる人、仲のいい犬同士だったら友好的

2022年3月より見習いトレーナーの募集を始めます。 これからドッグトレーナーのスキルを身につけ、 独立するための下積みをしたい方の募集となります。 当スクールはBH(同伴犬試験)を基準としたトレーニングスタイルを見習い生に指導いたします。 出張トレーニングではクライアント様にマンツーマンでの指導 日帰りトレーニングではクライアント様のワンちゃんをお預かりしてトレーニングの代行 しつけ教室ではレベ