• ライトン光木

「犬は犬として見ること」

「犬は犬として見ること」


これだけ聞いた時あなたはどう感じますか?

なんだか可哀想?それが当たり前?


まず犬を飼う時に家族を迎えるという感じですが

実際は人間と異なる生き物を飼うということ。


犬を犬として見てあげることは

犬に対してとても親切なことです。


犬としてこの世に生まれ、犬として扱ってもらえることは

犬にとってとてもありがたい事です。


上の文章の「犬」を「人間」に変えて読んでみると

お伝えしたいことがわかると思います😊


犬という動物を知ってあげることで

犬のことを理解できるようになります。


犬という動物として見てあげれてない方は

知らないうちにコミュニケーションのすれ違いが生じ

なかなか意思疎通ができず、しつけに困ってしまう。


その根源は「犬という動物を知らない」から始まります。


愛犬でお困りの方はまず犬という動物について知ることから始めましょう!








閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

友好的な犬と聞かれると、どんな犬を想像しますか? もちろん攻撃的な犬とは反対の犬を想像しますよね。 では、より細かく考えてみてください。 友好的な犬とは? 相手に対して喜びを表現してる姿を想像しているでしょうか? 犬が喜びを表現する時、 「尻尾を大きく振る」「飛びつく」「お腹を見せる」「走り回る」 ただし、ここで勘違いしやすいのが「飛びつき」です。 ご家族や慣れてる人、仲のいい犬同士だったら友好的

2022年3月より見習いトレーナーの募集を始めます。 これからドッグトレーナーのスキルを身につけ、 独立するための下積みをしたい方の募集となります。 当スクールはBH(同伴犬試験)を基準としたトレーニングスタイルを見習い生に指導いたします。 出張トレーニングではクライアント様にマンツーマンでの指導 日帰りトレーニングではクライアント様のワンちゃんをお預かりしてトレーニングの代行 しつけ教室ではレベ