• ライトン光木

「犬のしつけ・トレーニングは叱ることではない」

更新日:11月17日


「犬のしつけ・トレーニングは叱ることではない」

犬のしつけの依頼のほとんどが愛犬の問題行動に困っています、という内容です。

その問題行動を「やめさせたい」と考える飼い主さんは多いです。

ですが愛犬の問題行動は「人間の都合の悪い行動」で、犬にとっては普通の行動。

ではどうしてそうなるのか?

それは犬が「どうしたら良いかわからない」からきます。

どうしたら良いかわからないから、

感情のままに表現したり行動します。

しつけ・トレーニングとは、人間社会を飼い主と生きていく上で

どうコミュニケーションを取って、

どう行動して、

どう判断していくか、

を教えていくことだと思います。

まず基礎となる形を教えて、

自分で考えさせて

自発的に行動できるようにする

これを教えてあげることで

ワンちゃんは飼い主と円滑にコミュニケーションを取れるという安心感を覚え

安定した精神状態・行動を取れるようになります。

いつも山あり谷あり、

失敗もあるけど失敗を出来るだけさせないように

成功例を多く作り上げる手伝いをすることが

しつけの改善ポイントです。

指摘したり、注意したり、叱ることが多くなりがちになると

愛犬の問題行動は悪化し兼ねません。

褒める・成功させてあげることを多くしてあげて

違う・間違ってるということを教えることも大事ですが、多くなりすぎないように注意してください。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示